« 「宇宙戦争」 | Main | 「アースダイバー」中沢新一著 講談社刊 »

2005.07.21

縄文VS弥生

Imagetop1

 上野で,東京国立博物館の「遣唐使と唐の美術展」と科学博物館の「縄文VS弥生」展を見てきた。
 どちらも,夏休み中の特別展だが,見たかったのは「縄文VS弥生」の方である。面白かった。
 ルーツの問題には誰もが興味をもつと思うのだが,このポスターはしょうゆ顔とソース顔?明らかに縄文びいきな気がするが。考古学もDNA解析によって明らかになる時代。縄文VS弥生(=人類学VS考古学)になっているというコンセプトでつくられている展示は,なかなか見応えがあった。展示物はほとんど「人骨」である。
 いつも思うのだが,「自分が日本人であるという理由が不思議」。なぜ,バングラデッシュに生まれなかったのか,なぜウガンダに生まれなかったのか?という疑問は宇宙論の人間原理と同じなのだろうか。人類学には永遠の謎がついて回ると思う。
 

« 「宇宙戦争」 | Main | 「アースダイバー」中沢新一著 講談社刊 »

地理・歴史」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18559/5080005

Listed below are links to weblogs that reference 縄文VS弥生:

« 「宇宙戦争」 | Main | 「アースダイバー」中沢新一著 講談社刊 »