« バレンタインデーと初午 | Main | 事実と小説3 »

2006.02.25

荒川の金メダルやイチロー

何事も,やってみなけりゃわからない,というものだ。スポーツで結果をだすのがいかに難しいか,と同時にそういう経験をしている人は皆「悟り」のような境地をそれぞれ切り開いている気がする。荒川も「無欲」だったと答えている。
 イチローのインタビューでの言葉をまとめた「夢をつかむ-イチロー262のメッセージ」ぴあ,は宮里藍も愛読しているということだが,なんだか禅問答の公案と答えを読んでいるみたいで面白い。262というのは,もちろんイチローが塗り替えたメジャーリーグのシーズン最多安打記録の数だが,最近,仏教の悟りを説いた最もポピュラーなお経「般若心経」の全文字数が262文字だというのを知った。私には何だか偶然と思えないのですが。いずれにせよ何事も,修行ということだな。
と言うわけで,「ぎゃ諦 ぎゃ諦 波羅ぎゃ諦 波羅僧ぎゃ諦 菩堤薩婆訶 般若心経」
 到達せるものよ,到達せるものよ,至高の境地に到達せるものよ,全きとなれ,悟りよ,幸いなれ!
(最後の般若心経を入れると266文字になります)

|

« バレンタインデーと初午 | Main | 事実と小説3 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18559/8829400

Listed below are links to weblogs that reference 荒川の金メダルやイチロー:

« バレンタインデーと初午 | Main | 事実と小説3 »