« マルチのこと1 | Main | 自然との対話 »

2006.04.01

ペットセマタリー

 今日,マルチへお別れをしに,火葬してもらった慈恵院に行ってきた。モモもここで引き取ってもらったのだが,行くのははじめてである。ほんまのペットセマタリーであった。
 火葬してもらって,位牌にあたるような霊名を書いた紙をもらうだけなら1万円で,共同慰霊碑に拝むことになる。火葬して骨を拾って墓を建てると相応の費用が必要ならしいが,そういう墓地が人と同じようにたくさんあってびっくりした。家の(親父の)墓よりでかい。「○○家愛猫の墓」「××家愛犬の墓」「永久の絆を」などと刻んだ,墓石がところ狭しと並んだ,文字どおりペット霊園である。亡くなった愛犬を抱えてきた人の姿も見た。お寺ではあるが,人の死を扱うほどの悲壮感はなく,受付のようすなどを見ると,繁盛しているという他はない。
 世話になっておいて言うのも何だが,昔なら自分の家の敷地内に埋めてでもしたことが,今は無理になっているというのと,我々の死に場所が,家の畳の上でなく,病院のICUになっているのと同じなのだと思った。

« マルチのこと1 | Main | 自然との対話 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18559/9380292

Listed below are links to weblogs that reference ペットセマタリー:

« マルチのこと1 | Main | 自然との対話 »