« 日本列島の震源分布立体模型 | Main | 大地の凸凹について考える(3D地形模型をつくる) »

2011.06.14

カルメ焼きでさぐる火山の噴火

6月12日(日)に,火山噴火のしくみやマグマの性質などをコーラにメントスを入れる実験や,カルメ焼きづくりをして学ぶ実験教室を開催しました。Cimg2826t

最近では,「キッチン火山学」と呼ばれて普及しつつありますが,カルメ焼きをうまく成功させる自信がもてたので,あえて市民館の料理室を借りて行いました。参加希望者も多く定員20名がすぐいっぱいになりました。
火山の形を決める,溶岩の粘りけと噴出実験は,歯科医で使うアルギン酸印象材を使いましたが,手早く行わないと,固まってしまって苦労しました。
Cimg2807t


« 日本列島の震源分布立体模型 | Main | 大地の凸凹について考える(3D地形模型をつくる) »

地学教育」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18559/52274044

Listed below are links to weblogs that reference カルメ焼きでさぐる火山の噴火:

« 日本列島の震源分布立体模型 | Main | 大地の凸凹について考える(3D地形模型をつくる) »