« 地球の歴史について考える | Main | 月の満ち欠けを理解する »

2011.08.30

放射線を霧箱で見る

戸田式霧箱を開発されたことで有名な戸田一郎先生じきじきの実験教室「放射線を見る」@川崎多摩市民館に参加した。
Cimg3202_2

霧箱のしくみは簡単で,材料は容器とドライアイスとエタノールと懐中電灯で装置としては安いものである。教科書にも必ず載っていて,ただし普通の説明通りやってみると,なかなかうまく放射線を見ることができない。やっと見えてもこんなものかと思ってしまう。しかし,戸田先生の実験教室は,どうやったらうまく見えるようにできるかのノウハウのかたまりで,なおかつこれらの実験が素粒子物理学の黎明期にどんな意義をもって行われ何が分かったのかといった物語を交えて学べる貴重な体験空間だ。今までよく分からなかった素朴な質問に的確に答えていただいて,目から鱗だらけの時間だった。

« 地球の歴史について考える | Main | 月の満ち欠けを理解する »

物理数学」カテゴリの記事

理科実験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 放射線を霧箱で見る:

« 地球の歴史について考える | Main | 月の満ち欠けを理解する »

January 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

他のアカウント