« 5.21金環日食 | Main | 素粒子論と宇宙の本 »

2012.07.18

地質ジオラマ

Cimg3847_r


 6月30日,文京区千石にある深田地質研究所で,産総研の高橋雅紀氏による「露頭からテクトニクスへ -地層から読み取る日本列島の成り立ち-」という題の講演を拝聴してきた。ダイナミックなプレートテクトニクスと目の前の地層の成り立ちを結びつける話が興味深いことは,以前第四紀学会の巡検でご一緒したときに伺って以来である。高橋さんは,地質学はとても魅力的な分野なので,もっと多くの人に参加してもらいたいが,その難解さがネックになっているという。そして,それを克服し普及や理解をすすめるために模型をつくるのが上手な方である。Cimg3858_r

今回の話題も,地質の関係者なら思わず膝をたたき,唸りたくなる話題であった。さらに,アウトリーチ活動の一環として,「地質ジオラマの展示」があった。写真を見ていただきたい。だれもがのぞき込みたくなる,ジオラマの断面が,地質構造であり,露頭線を立体的に示した画期的なそのものである。
Cimg3861_r

 地層の走行と傾斜+地形等高線=露頭線→地質断面図の作成=地質学の基礎→とっても難しい。これに興味をもたせるしくみとしてこれほどの試みは,皆さんというか私も見習いたいし,今後,まじめに継承していくべきアイテムであると思う。
Cimg3857_r


Cimg3850_r

Cimg3865_r

|

« 5.21金環日食 | Main | 素粒子論と宇宙の本 »

地学教育」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18559/55221564

Listed below are links to weblogs that reference 地質ジオラマ:

« 5.21金環日食 | Main | 素粒子論と宇宙の本 »