« 素粒子論と宇宙の本3 | Main | 八ヶ岳の星空 »

2013.09.01

時空とは何か

Img_0280_2


感銘を受けた大栗先生の「超弦理論入門」の出版に続き,8月31日に朝日カルチャーセンターで,IPMUの村山先生と2人で「時空とは何か」と題した講演があったので,行ってきた。村山先生のお話はすでに4,5回聞いているが,大栗先生をライブで見たのは初めてである。しつこいかもしれないが,昨年から一般向けに新書で「重力とは何か」「弱い力と強い力」(幻冬舎新書)「超弦理論入門」(ブルーバックス)と3冊書かれたことは,おそらく日本の科学ジャーナル史上かなりのインパクトを持っていた出来事と後世に伝えられるはずである。
つまり,大栗先生のアウトリーチ活動が去年から大々的にはじめられたのである。今後,先生のどんな業績が評価されるのか,業界に詳しくなければ分からないが,第一線の研究者が一般向けに語ってくれるというのは今までに無かったことだと思う。たとえていうなら,プロ野球の有名選手が引退して解説者やコーチ監督も辞めて,老境にいたって子どもたちに野球教室を開くのではなく,いきなりイチローがオフに日本で野球教室をやっているようなものだと思う。
Imgp0362

村山先生も,一般向けに話すのは上手だが,それより自分の発見を話したくて話したくてしょうがない人,というのが第一印象である。初めの鼎談と,最後のパネルディスカッションで割合からいうと8割くらいは大栗先生が話していた。M&Mチョコレートに,アインシュタインやアリストテレスの似顔絵をプリントしたオリジナルお菓子を参加者全員に配ったり,最後にサイン会まであるなど,ほんとにサービス精神にあふれていた。
私も,今回の本の最後に付録で説明されている,オイラーの式,1+2+3+4+…+∞=-1/12の真偽をあらためて質問させてもらったりしてとても有意義な時間を過ごせました。

|

« 素粒子論と宇宙の本3 | Main | 八ヶ岳の星空 »

物理数学」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18559/58109680

Listed below are links to weblogs that reference 時空とは何か:

« 素粒子論と宇宙の本3 | Main | 八ヶ岳の星空 »