« 都会の星空 | Main | 天体画像教育利用ワークショップ »

2014.01.05

杉山神社の分布

横浜市の北部に住んでいる人は杉山神社という名の神社が家の近くにあると思っているのではないだろうか。これが,1つではなく,いくつもあるとご存じであろうか。わたしも,その程度の知識しか無かった。ところが,同じ名前の神社がいくつも(一説に70あまり),なぜか全国でもこの鶴見川の流域にだけ存在していると言うことを,不覚にも私の恩師である野上先生(都立大学名誉教授)の年賀状で知った。
何度か紹介したことのある「流域思考」の岸先生が昨年11月に,ちくまプリマ-新書で「流域地図の作り方」という新刊を出されたが,まさにこれは「流域思考」の原点である。あんまり,驚いたので,とりあえずその不思議な,横浜鶴見川流域にのみ存在する杉山神社の場所をインターネットで調べ,45ヶ所の住所をMANDARAというソフトで分布図にしてみた。
Photo


国土数値情報とCSISアドレスマッチングを利用,オレンジ色の○が杉山神社,赤いラインが鶴見川水系,画面をクリックすると拡大します。
Photo
水系と杉山神社を水色で表示,帷子川,大岡川流域にも一部分布している。


この不思議な分布の理由について,すでに多くの研究があるようだが,いまだに諸説にすぎないようである。しかし,岸先生の言われる「流域」が現代人より古代の人々にとってまさに自然の土地認識であったことを示す例として,これが流域思考の元祖であることも含め,年の初めの大いなる発見でござりまする。
昨年の暮れには,タモリ倶楽部によく出てくる地形マニア本の出版社「之潮(コレジオ)」から,松田磐余先生(恩師)の「対話で学ぶ江戸東京・横浜の地形」という新刊書がでたことも含め,地形の話には今年も目が離せない。

リンク:野上先生のHP

|

« 都会の星空 | Main | 天体画像教育利用ワークショップ »

地形・地図」カテゴリの記事

地理・歴史」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18559/58889860

Listed below are links to weblogs that reference 杉山神社の分布:

« 都会の星空 | Main | 天体画像教育利用ワークショップ »