« SWITCHインタビュー 古坂大魔王vs.田原総一朗あるいは反知性主義(森本あんり) | Main | オープンストリートマップ(OpenStreetMap) »

2017.06.17

アクティブラーニングについて

 ICTとかAIとか,えーとALだ。アクティブラーニングだという。これも文科省の諮問機関,中央教育審議会やらが,教える内容(漢字(郷土愛)をもっと増やす,英語を低学年から,道徳の教科化など)に介入していながら,いかにも新しい風を装って出してきたアドバルーンにすぎないんですよ。みなさん。
 
 加計学園の問題以前から,文科省がいかにホニャララであるか,なんだか黙っていられなくなった。教員をやってきて思う。私は,私の受けた教育から,に基づいて,教育活動をしている。つまり,やるのは私であって,文科省ではない。対象である生徒に接しているのは私であって,文科省ではない。長年の経験をもとに,毎日考えながら,良かろうと思ってやろうとすることに,そのたんびにごちゃごちゃ言われても困る。もちろん,大枠を逸脱しては剣呑だろうから,指示は大枠だけにとどめて,あとは現場にまかせるってのが,良い仕事をする前提に決まっている。いま,そこんところが世の中おかしくなっている。介入のみならず,忖度できないと,どっかに飛ばされる,名誉を毀損される,文句を言うと,問題ないと閣議決定を行う。

 公立学校なんかだと,でなくても(?若い人は逸脱をきらう),ほんとに上意下達があたりまえになり,自由な雰囲気はほとんどない。だから,自分対生徒の世界でのさばるヤンキー先生(副大臣)が受ける。

 私の尊敬する大学時代の恩師は,「教師って楽だよね。毎年同じことやってても,学生は毎年かわるから。」と言っていた。しかし,本気で毎年変わらず同じことをやっている先生など存在するだろうか。まともな先生なら,その先生自身が,つねに勉強して成長しているはずである。つまり,先生が変化しているのである。この先生はいまだに現役(もう退官したが)で,今も新しいことを教えてくれる。先生なりの逆説を言ったのだと思う。

 アクティブラーニングなんて,言われなくても昔から考えてやろうとしているし,やっている。上手くできているか,って?。ほら,これがマニュアルだよ,って?。そんな簡単じゃないんですよ,教育って。

Cimg2558r

  昨日やった,地質図の露頭線を描く実習

|

« SWITCHインタビュー 古坂大魔王vs.田原総一朗あるいは反知性主義(森本あんり) | Main | オープンストリートマップ(OpenStreetMap) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18559/65421366

Listed below are links to weblogs that reference アクティブラーニングについて:

« SWITCHインタビュー 古坂大魔王vs.田原総一朗あるいは反知性主義(森本あんり) | Main | オープンストリートマップ(OpenStreetMap) »