« 藤原新也の沖ノ島 | Main | 周辺減光 »

2017.07.29

ホモ・デウス(Homo Deus)

Cimg2968_2

 まだ日本語訳がでていない,ユバル・ノア・ハラリ氏のサピエンス全史の続編が,DVD(講演の録画)として出ていたので買って見た。いや,やっぱり彼はすごい。AIが人類をどこに導くか,という話をこれだけまとめて話せるのは今ハラリ氏だけではないだろうか。

 表題のデウスはラテン語の神のこと。今後人類は遺伝子レベルでサピエンスから進化して,いわば神の領域にアップグレードするという意味だ。この講演がアメリカの何処大学でいつ行われたか,書いていないが,話の中で聴衆に受けていた部分がやはり面白かった(ネタバレだな)。危険なのはISのテロより,コカコーラとマクドナルド,とか。

 AIが何をもたらすか。現在Googleは生物学者を雇っていると言うが,これからは哲学者が必要になるだろう。という話,ネタばれすぎるが,自動運転車のAIの判断(人を轢きそうになって,よけたら崖に落ちるというとき)アルゴリズムをどうするか,消費者は他者優先と自分優先のどちらを選ぶか。といった問題。

 AIは単に知能であって,精神と意識は当分作り出せないだろう,という理由などすごく面白い。お薦めです。

« 藤原新也の沖ノ島 | Main | 周辺減光 »

思想・哲学・文学」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18559/65592942

Listed below are links to weblogs that reference ホモ・デウス(Homo Deus):

« 藤原新也の沖ノ島 | Main | 周辺減光 »