« 人体という小宇宙 | Main | 大きな数 »

2017.07.10

資本主義とは何か

 これもまた,ユヴァル・ノア・ハラリ氏のサイピエンス全史からの受け売りなのだが,お金というものは,人間がつくった幻想ではあるものの上手く出来たシステムだという話。前にも書いたことがあるのだが,子どもの頃に,お金(貨幣および紙幣)を誰かが勝手につくれるはずはない,と思って,親に問いただしたことがある。普通の人がお金をつくったら偽造で罪になるが,日本銀行はいつどれだけ何を基準にお金を印刷しているか,という質問である。気まぐれに,勝手につくるのは,いかに日本政府であれ,問題があるだろう。おそらく,古くなったり汚くなったりしたコインや紙幣を回収して,その分だけ新しく刷り直したりするのではないかと,自分では納得して以来,あまり考えていなかった。

 だが,この頃になって,日銀総裁とかが,いわば恣意的に判断してお金を世に配布(国債を買い戻したりする際に)しているらしいと気づいた。世に出回っているお金の量をコントロールして良いんだと理解するようになった。それでも,むやみに全体の量は流通しているという(回り回る)のだから代わらないと思っていたが,さらに,そうではないと言うことにようやくハラリ氏の本で気づいた。それが,資本主義というものなのである。

 お金というのは,約束事で(古くは宝貝をお金代わりにしていたので,漢字の買うとか購入とか貝偏がつく)何でも買える,それがどこかにいっぱいある(銀行)。すると,誰かがそれを借りて(元手に)商売をはじめられるのである。で,例えば,100万円を銀行から借りて商売(店舗やら仕入れして)はじめたとする。で,儲かったら返しますから,というこの時点でその100万円は2倍に増えて200万円になっていると言うことなのである。そうなんですよ。無論失敗して返せなかったら,どっかからまた別に100万円借りてきて返すわけだけれど,それも返さなければならないなら,やはり200万円になっているのですよ。儲かって返した場合は,すでに100万円分の買い物という事物と,銀行に返した100万,という風にこれが資本主義から生まれる価値というか,生産というか,富とでもいいますか。
 
 こういう説明って,学校でちゃんとして欲しいもんですね。

|

« 人体という小宇宙 | Main | 大きな数 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18559/65516511

Listed below are links to weblogs that reference 資本主義とは何か:

« 人体という小宇宙 | Main | 大きな数 »