« 資本主義とは何か | Main | 本の始末 »

2017.07.10

大きな数

 自分で考えていなかったのだが,人体という宇宙よりも数的には本物の宇宙の方が少ないと言うことに気がついた。私たちのいる太陽系のような,まとまり(地球は太陽系で唯一生命が存在しているから,基本単位は地球ではなく太陽系と言えよう)は,銀河系というおよそ2000億個の恒星の集まりになっていて,その銀河系のようなまとまり銀河がいくつあるかというと,今年の初めに聞いた,すばる望遠鏡のプロジェクトリーダーのお話によると,およそ7兆個だそうである。人体の構成単位より1けたずつくらい小さいな。

 大きな数は,ヒトの脳が考える得意分野の1つではないか。だいたい1億という数字は現実に数えようがないはずである。1,2,3,4と口で言って数えて,もちろん100までとかを100万回繰り返したとして,3つで1秒として385日かかる。寝ずに数えたとしてだから1日8時間なら3年以上である。1つ数えたら1円くれると言われても,こんなことしたら気がおかしくなるかも知れない。
 実際に存在する規模,だいたい普通の(都会の)学校などに1000人くらいいるが,知りうるのは学年の半分とクラブのヤツくらいだろう。せいぜい200人程度。会社でも100人くらいまでが一緒の同僚として認識できるMAXらしい。1円玉を1億円分重ねると,1.3mm×1億で130kmである。成層圏の10倍の高度である。1万円札にしてようやくアタッシュケースに入る(1万円重ねて10m)。

 幼い頃,母親に,数はいくつまであるのかと聞いたことがある,答えは,バカねェいくらでもあるでしょ,だった。もちろん数えることができる(想像する,考える)というのは凄いことだが,実際意味があるのは,お金とか税収とかみんな比較するときだけのことである。自分と他人,人生などを比較するのは馬鹿げているのなら,数など使う必要はない。てか,大きな数そのものにたいした意味はないと言うべきでしょうね。

« 資本主義とは何か | Main | 本の始末 »

哲学・文学」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18559/65517038

Listed below are links to weblogs that reference 大きな数:

« 資本主義とは何か | Main | 本の始末 »