« 記憶 | Main | 記憶3 »

2017.08.06

記憶2

 記憶について,つづけると,生物にとって記憶はそもそもなにか。アメフラシの実験は環境の危険な状況を察知したときの対応である。条件反射と言っても良い。これができないと生き延びられないから,神経系に記憶がのこる。
 で,複雑な神経系,すなわちシナプスの新たな連結ができることが記憶になると考えられて(証明されて)いる。だから,将来,脳の記憶が読み出せるようになるだろうというのがSF映画のモチーフになっている。

 もう一つ,この連結(記憶)の読み出しは,自分でもときどきくり返し思い出さないと,忘れることで,だから忘れるというのも大切な記憶に関する研究だということ。先の番組では,この記憶の想起の時に,適当な操作をすれば,記憶の書き換えができるそうだ。たしかに,過去の記憶は,結構いい加減で,写真のアルバムなんかそのためにあったのかと思う。おそらく日記も。記憶は,いつも上書きされて少しずつ美化されているし,嫌なことは覚えていない(消す)。このしくみで,特殊な薬物と心理療法を行って,PTSD(心的外傷)を直すことがでるそうだ。

 多くの人がブログをやるようになったのも,そのためだろうと思うし,個人的に言うとFBは,消えてもよい記憶のなんというか墓場みたいで,近頃見るのが嫌になってきた。

« 記憶 | Main | 記憶3 »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18559/65625913

Listed below are links to weblogs that reference 記憶2:

« 記憶 | Main | 記憶3 »