« ブレードランナー2049 | Main | 監視社会 »

2017.11.21

記録と記憶

 映画ブレードランナー2049を見て、記憶と記録の問題が出てきて考えた。近未来、どうも記録を消すことが大事になっているらしい。なんと最近の、森加計問題に酷似しているではないか。あるいは、パラダイスペーパーとか、記録が富裕層を脅かしている。そして、主人公の記憶が埋め込まれたものか否か、が分かりにくくすこしイライラさせられる。

 NHKの海外ドキュメンタリーで、実際、記憶の書き換えができるというのをやっていた。冤罪などの例や、それによって、心的外傷を取り除くという応用まで。最近の時代劇の奉行所ものを見ると、江戸時代の方が記録をたどる場面が目立つ。歳をとって、過去を振り返ってみると、よく覚えていないことは、もちろんのことだが、たくさんある。記憶力の問題だし、嫌な記憶は自然に消えていく。忘れたくない思い出もあるが、少しずつ消えている気がしてきた。これは、忘れたら存在しないということを意味している。日記を書くという習慣は大事なのかもしれない。

 問題は、コンピューターとデジタルデータだ。グーグルのストリートビューもすごいが、監視カメラのデータの保存量がほんとに膨大になったのだろう(クラウドにしてるのか)。スマホのデータも知らぬ間に吸い取られているわけだし。ほんとにこのようなビッグデータをとっかえひっかえ意図的に操作させられたら、いくらでも個人を冤罪で犯罪者に仕立て上げられるように思う。最近のフェイクニュースもほんとに危うい。フォトショップを使えば簡単にインチキ証拠写真だって作れるだろう。

 あーくわばらくわばら。

« ブレードランナー2049 | Main | 監視社会 »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18559/66068565

Listed below are links to weblogs that reference 記録と記憶:

« ブレードランナー2049 | Main | 監視社会 »