« 監視社会 | Main | 大河ファンタジー直虎 »

2017.11.30

養老孟司「遺言」

 養老先生久々の書き下ろしだそうで、出たての本。早速kindleでダウンロードして読んでみた。ところどころ難解な部分もあるが、今まで書かれていたことを、丁寧に説明してくれているという印象も強い。人とは何か、意識はどこまでわかっているのか、など普通の人が考えないことをいつも考えてくれる強い味方だと思うのは、いつものことだ。

 人(生物としてのヒト)の認識が、特異なものではないか、と養老先生も言っている。言葉を使うのはヒトだけ。言葉とは、抽象化であり、感覚を無視していろいろな違いを同じにする能力(作用、傾向)で、それがヒトの特徴。その担い手はヒトの意識というもので、意識は無くなることも多いくせに(眠っている間とか)、同一性を持ちたがる。この辺は、もう少し説明してもらいたい感じだが。記号化、情報化、グローバル化などみんな同じにしようとする力だ。これに対し、感覚、動物には同じにするなど考えもよらない。もちろんヒトも感覚的には、差異を読み取ることができる。現在は、感覚対意識の問題がいたるところに噴出しているという。
 
 なるほど、トランプ現象やイギリスのEU離脱、安倍支持などみな理屈ではない感覚の重視かもしれない。

 だから、田舎で違いの分かる感覚的生活を取り戻した方がいいのだが、どうしてもみんな都市に住みたがるようだ。

 うまくまとめられないが、意識とは何か、いかに変な傾向があるかをもう一度意識?するべきです。という内容でした。

 

« 監視社会 | Main | 大河ファンタジー直虎 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18559/66105330

Listed below are links to weblogs that reference 養老孟司「遺言」:

« 監視社会 | Main | 大河ファンタジー直虎 »