« 大河ファンタジー直虎 | Main | 武蔵と相模 »

2017.12.30

そろそろ人工知能の真実を話そう

 ジャン=ガブリエル・ガナシアというフランスの情報学者が書いた本(早川書房)である。養老先生の「遺言」に紹介があったので買って読んでみた。よかった。AIが将来人間を超えて、地球を支配するというシンギュラリティは、単なる妄想にすぎないということが書いてある。シンギュラリティというのは、特異点など訳せるが、最近ではコンピューターの進歩がある一線を越えて、新たな世界が到来する(だいたい2045年ころ)というAIシンパの脅しみたいなもののことだ(という認識をこの本を読んで知ることができた)。

 情報学者というと、数学や理論的な説明を連想するが、シンギュラリティというのがそもそも理論的に裏付けられておらず、むしろ思想とか文化的な背景から生じてきたことを歴史学者的に説明している。未来がある時点でガラッと転換する(世界)というのは、昔から一神教(ユダヤ教キリスト教)のなかにくすぶってきたグノーシス主義(人知主義)と同じものだというのだ。また、議論自体が科学的に検討されているものではない、ことも強調している。

 結論から言うと、グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル、マイクロソフト(これをGAFAMと略すそうだ)などのグローバルIT企業にとって都合のいい宣伝(やはり脅し)にすぎないということだ(訳者のあとがきだけ読んでも大まかな内容がまとめられているので、立ち読みされるといいですよ)。

 そもそもコンピューターが人間のような意識を持つことができるか、といえば、養老さんが言うように、意識というものすら人類は理解するに至っていない。脳をコンピューターと考えることが浅はかといっている。
 意識の特徴には眠るということも含まれているだろうし、脳の機能や大脳皮質がどうやって活動しているのかわからなければ、単にコンピューターが機械学習を始めたからと言って、意識を持つはずがないのである。

 AIが、将来人間の上に立つ、というのは幻想です。この脅しにのらないために一読をお勧めします。

 
 

« 大河ファンタジー直虎 | Main | 武蔵と相模 »

思想・哲学・文学」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18559/66218367

Listed below are links to weblogs that reference そろそろ人工知能の真実を話そう:

« 大河ファンタジー直虎 | Main | 武蔵と相模 »