« 養老孟司「遺言」 | Main | そろそろ人工知能の真実を話そう »

2017.12.11

大河ファンタジー直虎

 Cimg4064

NHKの大河ドラマが、ほとんど史実を反映しなくてよくなったのは(元々からとも言え)江~姫たちの戦国あたりだろうか。今年の直虎は、結構面白かった。前半はあまり見ていなかったのだが、途中からドラマとして見入ってしまった。特に、今川ってすでに桶狭間で消えているんじゃないの?というあたりから、井伊といえば彦根城だし、みたいな歴史好きにもすこし隙間を埋めている感じで引き込む要素があったと思う。
 
 徳川家康の描き方も去年の真田丸あたりで、認知されていたのもあってあまり違和感がない。柴咲コウや高橋一生の演技も注目を引いた。先週の「自然」君など唐突でも、ドラマツルギー、ストーリーテリングにはまってしまった。精霊の守り人よりファンタジー感のある、大河ドラマだったと思う。

« 養老孟司「遺言」 | Main | そろそろ人工知能の真実を話そう »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18559/66147917

Listed below are links to weblogs that reference 大河ファンタジー直虎:

« 養老孟司「遺言」 | Main | そろそろ人工知能の真実を話そう »