« 映画「万引き家族」 | Main

2018.07.27

「縄文人の死生観」山田康弘著、角川ソフィア文庫

513qzatlvl_sx350_bo1204203200_ ジュンク堂で見つけた文庫の新刊(「死と生の考古学」の文庫化)を読んだ。いま東博で開催中の縄文展をはじめちょっとした縄文ブームになっているようで、NHKも歴史秘話ヒストリアなどで関連番組をやっています。このブログでも縄文について何度か書いていて→縄文VS弥生縄文時代北八ヶ岳へ。話は前回の「万引き家族」のつづきになる。この本は縄文時代の墓(埋葬)について書かれた本です。でそれが、万引き家族で、家族の住む縁の下に埋葬された、樹木希林と同じなのです。縄文人は死者を集落の中心や貝塚(祭祀的な場)に埋葬していたんです。また、当時は多かった死産や妊産婦と幼児の死に対する特別な死生観、再生観があったと考えられているという話。土偶はほとんど女性をかたどったもので、子供が死ぬと遺体を土器にいれて埋葬していたなど。

 著者は、最後に縄文人の思想が、現代人と乖離しているが、むしろ我々現代人の考え方を見直すべきではないかと述べていて、同感です。ホモ・サピエンスはもともと狩猟採取に適応して進化したものであって、10万年単位では身体性に基づいた生活が基本であるという(養老先生とおなじ)話になっています。
 Img_1086
八ヶ岳山麓北杜市考古資料館の再生を象徴する土器(2015年11月に訪れたとき)これいま引っ張りだこのようです。


 詳しい話は本に譲るとして、いつも星見で通っている八ヶ岳山麓は、改めて縄文の宝庫といった場所だなと思いました。

« 映画「万引き家族」 | Main

地理・歴史」カテゴリの記事

思想・哲学・文学」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18559/66990693

Listed below are links to weblogs that reference 「縄文人の死生観」山田康弘著、角川ソフィア文庫:

« 映画「万引き家族」 | Main