« 海外ドラマ「グッドファイト」 | Main | 大澤真幸,木村草太=対談「むずかしい天皇制」晶文社刊 »

2021.02.09

個と普遍

毎週楽しみにしていた。「グッドファイト2」も終わってしまった。養老先生のねこ「まる」も亡くなってしまった。家の「マルチ」のことを思い出す。ダイアン(ロックハート)(グッドファイトの登場人物)でさえ,「私のまわりの,ほんの世界の片隅だけも正常でいられるようにしたい。」と言っているように,森元首相の女性蔑視発言問題にみるまでもなく,世の中まともではなくなっている。先週,バイクで転倒して肋骨骨折するという厄災にあった。はじめて救急車で搬送された病院の対応でコロナを実感したし,壊れたバイクのことに対応したもらった警察官の態度のひどさにも,なにかが狂ってきたと思わざるを得なかった。道徳ではなく,高校で教わる「倫理社会」の内容を理解できない(自分のものにできない)ような教養のない人たち,「個と普遍」とか意味が分からないような人たちが,国のトップだったり,会社組織などを取り仕切っているのだと思う。ソクラテスから福沢諭吉(渋沢栄一でも)までちゃんと勉強してくれ,というか今後,子供たちにもそれを徹底していかないと,ディストピアは免れられませんね。

« 海外ドラマ「グッドファイト」 | Main | 大澤真幸,木村草太=対談「むずかしい天皇制」晶文社刊 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

哲学・文学」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 海外ドラマ「グッドファイト」 | Main | 大澤真幸,木村草太=対談「むずかしい天皇制」晶文社刊 »

October 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

他のアカウント