書籍・雑誌

2017.12.30

そろそろ人工知能の真実を話そう

 ジャン=ガブリエル・ガナシアというフランスの情報学者が書いた本(早川書房)である。養老先生の「遺言」に紹介があったので買って読んでみた。よかった。AIが将来人間を超えて、地球を支配するというシンギュラリティは、単なる妄想にすぎないということが書いてある。シンギュラリティというのは、特異点など訳せるが、最近ではコンピューターの進歩がある一線を越えて、新たな世界が到来する(だいたい2045年ころ)というAIシンパの脅しみたいなもののことだ(という認識をこの本を読んで知ることができた)。

 情報学者というと、数学や理論的な説明を連想するが、シンギュラリティというのがそもそも理論的に裏付けられておらず、むしろ思想とか文化的な背景から生じてきたことを歴史学者的に説明している。未来がある時点でガラッと転換する(世界)というのは、昔から一神教(ユダヤ教キリスト教)のなかにくすぶってきたグノーシス主義(人知主義)と同じものだというのだ。また、議論自体が科学的に検討されているものではない、ことも強調している。

 結論から言うと、グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル、マイクロソフト(これをGAFAMと略すそうだ)などのグローバルIT企業にとって都合のいい宣伝(やはり脅し)にすぎないということだ(訳者のあとがきだけ読んでも大まかな内容がまとめられているので、立ち読みされるといいですよ)。

 そもそもコンピューターが人間のような意識を持つことができるか、といえば、養老さんが言うように、意識というものすら人類は理解するに至っていない。脳をコンピューターと考えることが浅はかといっている。
 意識の特徴には眠るということも含まれているだろうし、脳の機能や大脳皮質がどうやって活動しているのかわからなければ、単にコンピューターが機械学習を始めたからと言って、意識を持つはずがないのである。

 AIが、将来人間の上に立つ、というのは幻想です。この脅しにのらないために一読をお勧めします。

 
 

2017.11.30

養老孟司「遺言」

 養老先生久々の書き下ろしだそうで、出たての本。早速kindleでダウンロードして読んでみた。ところどころ難解な部分もあるが、今まで書かれていたことを、丁寧に説明してくれているという印象も強い。人とは何か、意識はどこまでわかっているのか、など普通の人が考えないことをいつも考えてくれる強い味方だと思うのは、いつものことだ。

 人(生物としてのヒト)の認識が、特異なものではないか、と養老先生も言っている。言葉を使うのはヒトだけ。言葉とは、抽象化であり、感覚を無視していろいろな違いを同じにする能力(作用、傾向)で、それがヒトの特徴。その担い手はヒトの意識というもので、意識は無くなることも多いくせに(眠っている間とか)、同一性を持ちたがる。この辺は、もう少し説明してもらいたい感じだが。記号化、情報化、グローバル化などみんな同じにしようとする力だ。これに対し、感覚、動物には同じにするなど考えもよらない。もちろんヒトも感覚的には、差異を読み取ることができる。現在は、感覚対意識の問題がいたるところに噴出しているという。
 
 なるほど、トランプ現象やイギリスのEU離脱、安倍支持などみな理屈ではない感覚の重視かもしれない。

 だから、田舎で違いの分かる感覚的生活を取り戻した方がいいのだが、どうしてもみんな都市に住みたがるようだ。

 うまくまとめられないが、意識とは何か、いかに変な傾向があるかをもう一度意識?するべきです。という内容でした。

 

2017.08.27

だましのテクニック

 71tvtp0h6l
 この間の直木賞をとった「月の満ち欠け」という小説を読んでみたのだけれど,正直なところあまり楽しめ(面白く)なかった。生まれ変わりとか前世の記憶とか,という話は興味があるから知っていたし,それをモチーフにしているのも前評判で聞いていたから,話に入っていけない,小説に没頭できない,いつの間にか本の世界に入り込んでしまうという,いつもの経験をせずに読み終わってしまった。ということだと思う。

 養老先生が言っているのを参考にすると,脳は現実より架空の物語の方を好むのだと思う。哲学とか思想とか科学とか大そうなものを考え出すが,どれもパズルあわせのように腑に落ちる(完成している)ものを好むから,にすぎないと思う。はっきり言って,政治経済や近頃のマスコミ報道なんかクソ面白くもない。養老先生はファンタジーをいっぱい読んでいる。ファンタジーなど子供だましだと言うなかれ,話立てやトリックが巧妙に組まれていて現実には不可能な整合性が見事に構築されているのである。このことは,ウソ学といって,養老先生の得意分野だ。

 ウソとかインチキに騙されるな,というが,われわれは巧妙に騙されるのつねに欲っしていると言って良い。お年寄りが,オレオレ詐欺に騙されるのも,息子を助けるという利他的行動をかなえてくれるからではないだろうか。

 この点,日本人はまじめすぎるらしい。西洋では,たとえば,アメリカの9.11同時テロすら,だれかの陰謀で,そもそも,ハイジャック機は自動操縦のはずだ,とかあんなビルにあてるのは不可能とか,なぜビルが崩壊するのかとか,いってこれらは仕組まれた芝居にすぎないと陰謀説が相当支持されているという。ウソが仕組んであるのが普通というキリスト教的性悪説なんだろう。したがって,だましのテクニックも相当なもので,オレオレ詐欺なんて低レベルの詐欺に遭う人はいないに違いない。さらに社会的にそういうレベルの高いウソを,そのようにしとかないと世の中まわらないでしょ?というスタンスで黙認する文化があるのだそうだ(養老孟司「考える読書」より)。

 小説を読んで,夢中になるのが面白いので,それには想定外の展開や,先の読めなさに引き込まれるといったことが必要で,その場合多少無理があっても読者が気がつかなければ不満はでない。映画も同様で,何回か見るうちに,そういった話の展開の矛盾に気がつくこともある。荒唐無稽ということだ。
 そうなってくると,逆に事実は小説より奇なり(事実の方がウソっぽい)となって,どこまで行ってもウソに惹かれるのが人間ということになる。

 要するに,初めから脳の中は虚構で成り立っているのだと言って良い。私でなく,養老さんとノア・ハラリ氏がそう言っている。


2017.07.29

ホモ・デウス(Homo Deus)

Cimg2968_2

 まだ日本語訳がでていない,ユバル・ノア・ハラリ氏のサピエンス全史の続編が,DVD(講演の録画)として出ていたので買って見た。いや,やっぱり彼はすごい。AIが人類をどこに導くか,という話をこれだけまとめて話せるのは今ハラリ氏だけではないだろうか。

 表題のデウスはラテン語の神のこと。今後人類は遺伝子レベルでサピエンスから進化して,いわば神の領域にアップグレードするという意味だ。この講演がアメリカの何処大学でいつ行われたか,書いていないが,話の中で聴衆に受けていた部分がやはり面白かった(ネタバレだな)。危険なのはISのテロより,コカコーラとマクドナルド,とか。

 AIが何をもたらすか。現在Googleは生物学者を雇っていると言うが,これからは哲学者が必要になるだろう。という話,ネタばれすぎるが,自動運転車のAIの判断(人を轢きそうになって,よけたら崖に落ちるというとき)アルゴリズムをどうするか,消費者は他者優先と自分優先のどちらを選ぶか。といった問題。

 AIは単に知能であって,精神と意識は当分作り出せないだろう,という理由などすごく面白い。お薦めです。

2017.06.12

SWITCHインタビュー 古坂大魔王vs.田原総一朗あるいは反知性主義(森本あんり)

 ピコ太郎というのは,嫌いなのだが気になる。そのプロデュースをした(本人)の対談番組というので録画して見た。なにが嫌い(違和感)といって,あの風体は典型的な「ヤンキー」というもののはずだからだ。私のような世代からは,不良の呼称というのは,つっぱり,暴走族やスケバン,しかない。いつからヤンキーが不良をさす言葉になったのか,べつに知りたいと思わないが,不良つまり反社会的行動の質が反体制的ではない,体制べったりの不良。かといって右翼でもないし,思想的反骨が感じられない。斉藤環という人がマイルドヤンキー(化)という語を使っているけど,それがヤンキーの雰囲気を良く表していると私は思う。私の中には,暴走族にも一分の理,みたいなものがある。私が通っていた都立高校には,当時クラスに1か2人暴走族に入っているヤツ(友達)がいたし,学生運動の余韻というか反体制(左翼的教員もいた)的な空気が70年代というものだった。
 要するに,自分の欲目でしかないが,われわれの若い頃は時代的雰囲気が今より知的だった,と言いたいのである。
Bookfan_bk4106037645_1_2


 ICU(国際キリスト教大学)の副学長という森本あんり氏の「反知性主義」(新潮選書)はもう一昨年出た本だが,ピコ太郎とつなげて取り上げておく。ただ,ここで,現在,日本に反知性主義が蔓延していると言うつもりはない。この本によれば,反知性主義とは,アメリカという国の歴史に根ざした現象をさすものであって,決して反知的なムーブメントをさすわけではない。まあ共和党的なもの,キリスト教福音主義原理主義的なものではあるが,言葉として日本に当てはめるのは誤解のもとと言っておいたほうがいい。ただ,副題にもあるように,「熱病」のようにトランプ政権を誕生させたものの正体と考えて良く,日本にも,似た状況が生じているとも思う。イギリスやフランスがちょっと違うのは,簡単に言えば,歴史の古さと言える。とにかく,とてもためになったた本である。
 
 ピコ太郎こと古坂大魔王さんは,もともとお笑い芸人だったそうで,ネプチューンやクリームシチューなどと同年代で,ずっと売れなかったという。音楽(を取り入れたダンス)にこだわりがあることが,災いしたらしく,それでも,あの立川談志が高く評価していたというから,やっとブレイクしたということのようだ。本人曰く,お笑いが,風刺や体制批判をすることはもうできない(その反動で事務所やスタッフに迷惑がかかるから),バカをやって喧嘩や争いごとを少しでもなくせる(平和に貢献できる),くらいではないか,という。なんだか,聞いていて哀れになってきてしまった。行き詰まった末に,テレビでなく,50秒間の動画をネット配信(全部自腹だそうで)するという方法を考えついたのだという。テレビ(とともに活躍できた)しかない田原総一朗とは対照的に,メディアの持つ力をよく考えていると思った。

 なんだかんだ言って,結局教育だったのかと思う。東京教育大を筑波大に解体し,日教組をつぶし,教員採用試験や共通一次試験,一斉学力テストなどで,公立学校をしばり,イエスマンを大量につくることをジャブのように続けて今日に至ったのかなーと思う。あまり説得力がないが,模索をつづけます。


2017.06.10

養老せんせいとまる(猫)あるいは,続サピエンス全史

 長年理科を教えてきて,ずーっと,科学は人類の叡智だとか,科学的なものの考え方が大切だとか言ってきたような気がする。しかし,この頃歳をとってきて,科学というのも結局ただの信仰にすぎないと思うようになった。
 養老先生が言うように,生物の細胞の中身が,生化学的反応で成り立っているだろうという,漠然とした理解など,まさにそう(信仰)でしかない。1個1個の細胞ごとに,あるいは組織ごとにホルモンやらのはたらきで(それ以外にも恒常性を保つしくみがありそう),何百種類ものタンパク質(酵素)をそれぞれ的確につくったり,動作させたりするしくみなど,おそらく解明できるはずがない。脳科学で,いまだに意識や精神が神経回路としてどうやって生じているか分からないなど,脳が脳のことを考えているだけで,脳に備え付けの思考パターンでは理解できないのだろうと思う。言い方を変えると,脳は科学を発明はしたが,脳の認知能力にはおのずと限界があるということである。私たちの脳は,進化の過程で,ヒト同士のコミュニケーションを円滑にするために(これで人類は大発展をとげた)適応したものだたと思われる。

 つまり「唯脳論」なわけだが,「サピエンス全史」のノア・ハラリ氏も同じことを言っている。ハラリ氏はフィクション(神話,虚構)を信じる力,という認知革命からわれわれの歴史を物語る。養老先生は言語のもつ「同じ」化の能力をあげる。リンゴ,という言葉に,まったく実体としてのリンゴの性質がなくても「リンゴ」で意味疎通が可能というのは,言われてみれば,変な能力である。養老先生の前の飼い猫は,とらやのようかんとそれ以外のようかんを食べる前に識別する能力があるという。わざわざ,世界に1つだけの花などと歌わなくても,「ちがい」が分かるのが野生で,それを忘れ,オフィスで人間関係に煩わされ,疲れている人だらけですよ,というのだ。

 地学で天文を,教えるときには特にガリレオの地動説が科学的思考の原点だ,みたいにいままで考えていた。だが,ハラリ氏の本で,科学のはじまりは,コロンブスの新大陸発見(コロンブスはインドだと思っていた)によって,人類の無知さ加減が実証的に分かったのがきっかけだという見方に大いに納得している。ガリレオなど,ほとんどオレの方を信じよ,といっているようで,地動説の実証(年周視差やフーコーの振り子)にはその後200年以上かかっているわけだから。
 実証というのも,科学は実証によって成り立っていると漠然と考えているが,それによって明らかになったことは,人間の感覚とかけ離れているものが実はほとんどではないだろうか。コペルニクスしかり,アインシュタインしかりである。今のところ科学の基礎となる数理や物理にどれほど普遍性があるのか,実はわからない。宇宙の他の知性はまったく別の解釈をしている可能性もある。なぜなら,重力と加速度,時間と距離なども,もとは人間の感覚からはじまった概念だと思えるからだ。しかも,現代の科学の内容をすべて理解できる人がどれくらいいるかといえば,専門家がそれぞれにいて,なんとか破綻せずに築かれているものの,一般には,ラジオのしくみさえ知らない人がほとんどである。つまり,これが科学は信仰とかわらないゆえんである。
 もちろん,信頼性や,役に立つという点で,宗教道徳やお祓いにくらべて人類は進歩したと言えるのかもしれない。しかし,同時に放射能汚染とか,人工知能とか,われわれ自身を脅かすものも作り出しているのである。ハラリ氏の本の特徴は,人(ヒト)の幸福とは何か,を基準にしていることである。農耕で,人類は爆発的な人口増加を図ったが,果たしてそれが幸せだったか。このような問を立てたことは今までにあっただろうか。一例をあげると,昔に比べてヒトの平均寿命が飛躍的に伸びたのは幸福だというかも知れない。ただし,それは乳幼児死亡率が高かったからで,成人した人の長寿者(80,90まで生きる人)はむかしから変わらないという。2012年に世界で戦争や紛争によって命を落とした人は62万人であるのに対して,糖尿病で命を落とした人は150万人だそうである。今や兵器より砂糖の方が危険というのだ(最近のインタビュー記事より)。
 
 NHKの番組で養老先生とご自宅の飼い猫「まる」が紹介されていた(猫も杓子も~ネコメンタリー3月26日放送)。いつも,理屈をこね回しているのに疲れた,と評した方が良いのかも知れないが,猫を見て,うらやましがる。番組の最後のころ先生が,つぶやく。「これでいいんですよ。生きてくの。どっちみちたいしてかわんねぇんだから」が秀逸だった。生きているということは,違いの連続であり,みんなと同じをありがたがっているご,むしろそれで疲れ切っているのではないか。ハラリしも瞑想を日課にしているそうだが,自然と渾然となる体験を重ねれば,新鮮な日々を送れるのではないだろうか。

 すでに多くの人はマスコミやテレビニュースが,真実を報道しているとは思っていないだろう。小学生だってうすうす気づいている。政治家は強引に自分が正しいと言い張っているにすぎない。そんな主張につきあうのもばかばかしい。だが,この道はいつか来た道で,そのうちみんなで協力して(一致団結して)戦争をはじめるに違いない。そうならないためには,と私はハラリ氏や養老先生をこれからも称揚していくつもりだ。

Cimg2367
   新橋駅近くの電通ビル(この鋭角は‥‥ちょっと不気味ではと思った)

2017.03.03

サピエンス全史(上下)

91cf6wybjhl
 今も,多くの本屋で平積みにされている,全世界ベストセラーということで,分野で言えば「歴史」。正確には歴史評論というか文明論でもあるだろう。先月まで上野の国立科学博物館で「ラスコー展」が開かれていたので,サピエンスといえば,「人類学」のような気がするが,下巻をジュンク堂で探したら「歴史」のコーナーに置かれていることを確認した。実際著者のノア・ハラリという人はヘブライ大学で歴史(中世軍事史など)を教えているとカバーにも書いてある。
 
 上巻の初めの章を読んで,これは養老先生の「唯脳論」と同じことを言っていると思った。ただ,全編を通じて書かれているのは,その唯脳論によって起こった人類の歴史である。養老先生に先見性があるとはいえ,これだけの展開を示せるハラリ氏もすごい。唯脳論でも我々の脳が持つ抽象的思考の説明はあるが,これを端的に“幻想”,あるいは,言語や貨幣,社会,国家などすら脳が描く“虚構”の産物であると説く。すごいと思う。

 内容を順番に列挙すると,認知革命(これがサピエンスの脳),農業革命(神話,差別,文字),貨幣と統一,帝国,宗教,科学革命(無知の発見),資本主義,産業革命,未来の人類といった具合だ。かつてのトインビーや文明の生態史観(梅棹忠夫)といった感じだが,それらを越える論旨が感じられる。例えば,サピエンス(人類)が世界中に広がる間に,その場所の野生動物をどれくらい絶滅に追いやったか,農業による食糧生産が人を幸福にしたか,多神教と一神教の共通性,ヨーロッパの先進性の理由,戦争や厄災の犠牲などを定量化して示すなど,つねに現代の視点から比較して考えさせる独自の工夫が多くある。たとえば,「科学」という人類にとっての無知の発見が,コロンブスにあるという話も,ガリレオとかじゃない点で目から鱗である。そして,我々の業の深さとも言うべき,家畜の犠牲の話は誰もがショックを受けるだろう。最後の方の幸福論(我々は進歩したのか)は,しつこいくらいで,どうでも良いような気がしたが,これが著者のモチベーションかと思うと,信頼すべき文明批評と言うべきか。仏教の教えに造詣が深いこともなんだか著者なりの解答を示しているのかも知れない。とにかくとても参考になった良い本である。

Cimg1699

     国立科学博物館「ラスコー展」で

2017.01.19

骸骨考(養老孟司)のウソ学入門

 身体巡礼(ドイツ,オーストリア,チェコ)につづく養老先生のお墓訪問記の第2弾(イタリア,ポルトガル,フランス編)である。養老先生の出版物は古いものが多い中で,最近の連載をまとめたもので読むことができるシリーズである。西洋のお墓は,亡骸や骨で装飾されているって,知っている人は少ない。養老先生のまさに真骨頂本ですね。
81z7cut0xnl_2
 面白かったのが,中ほど(三章)にある「ウソ学入門」。忠臣蔵の浅野内匠頭が菓子折を吉良上野介に送る。吉良は,菓子折の底を調べて二重底(小判入り)でないことを確かめて,浅野内匠頭の愚か者めが,と怒る。という場面について。一体これは,誰をどうだますつもりなのか。賄賂をごまかすにしても,見え見えで,形式とか記号にそうとうする例だという。で,そんなことも知らんのか,という世間知らずを強調するわけである。確かにその通りで,だますというのもいろいろ考えると奥が深い。ウソは,単にごまかす,だます,ためのものではないという話である。そのほか,本人がウソと思っていないSTAP細胞の場合とか,オレオレ詐欺は日本特有だとか(納得)。

 続けて,イエズス会(日本のキリスト教の元祖)の教会の天井絵がだまし絵になっていることにふれ,宗教や文化の役割を考える。日本の場合は,素直すぎてあまり言葉尻を気にしたりしないが,西洋では,ウソとは言えないでしょう,みたいなウソ(論理)を発明する必要がでるという。

 ウソではないけれど,従軍慰安婦の銅像にもふれていて,銅像はできるだけ作らない方が良いという。銅像というのは,作ってしまったが最後,容易に撤去できないものだというのが理由だが,確かに人の心が変わったとき,やっかいになるに違いない。こうやって,いろんな知識を総動員しても物事は単純ではないんだな-とか,ヨーロッパの歴史をもっと知りたいな-と,思わせてくれて,いつもながら有り難い一冊でした。


2016.07.19

科学の発見

 5月に出たワインバーグ(電弱統一理論の完成者)Img_de20f707265ab56d5a6d96cb62d465eによる科学史の本,超弦理論の大栗博司さんの解説付き,というので読まざるをえない本を,ようやく読み終えた。
 昔の人々の考えが現在のレベルと比べて劣っている,というのはいわば当たり前のこと。少なくとも科学は進歩してきたのだから。なので,その劣っていたことを,今の私たちが断罪してもしょうがないでしょ?という遠慮は,科学の世界では無用だ。というのがワインバーグの主張で,なかなか痛快である。~古代ギリシアの科学はポエムだった~,~哲学より科学で多くの貢献をしているが,デカルトの指摘には間違いが多すぎる~,など歯に衣を着せず,間違いがあったからこそ進歩できたみたいな情け容赦がなく,小気味が良い。
 科学史,というと,今までも,それぞれの人物や歴史背景を掘り下げて事情をより詳しくしてくれる本があったが,そんなことより,なぜ,近代科学という革命が起こったかをプトレマイオス,コペルニクス,ケプラー,ガリレオ,ニュートンへの流れを俯瞰し,同じ科学者目線で現代科学に生かす道を示していると思う。天動説のファインチュ-ニング(プトレマイオス)は決して無駄ではなかったなど,これではぜんぜん説明不足ですが,私にはとても参考になる一冊でした。巻末のテクニカルノート(数学的解説)はこの夏休みの宿題にしよう。


2016.07.15

大絶滅時代とパンゲア超大陸(絶妙な地球環境について)

91e9hl3tlhl_3
 知れば知るほど,思いをめぐらすのだが,我々と地球の存在は奇跡的である。この説明を簡単にするのはしょせん無理だが,それがこの同級生(しばらく会っていない)が翻訳した本を読んだ感慨である。重要なのは生命を含む(プレート運動があるから,それも奇跡的)地球がもつ大気と海の組成とバランスだろうか。大気圧と酸素の濃度,海水の塩分濃度,気温,降水と物質循環,これらの物理的化学的用件が地球というシステムとして,我々のような生命の存在を可能ならしめているのだが,そこには下手なレベルの科学的知識では解き明かせない,壮大な地球の歴史変遷をも組み込まなければ,その全貌を示すことはできない(今だ,明らかになってはいない)ということ。

 およそ2億5000万年前の古生代と中生代の境界をしめす生物の大量絶滅が上記の本のテーマだが,現在の大筋の仮説は,シベリアトラップとよばれる大量の溶岩噴火(洪水玄武岩)による大気中の二酸化炭素増加とその後の環境変動(超温暖化と海洋無酸素)が原因と言われている。その推定されるCO2の増加量は,現在の産業革命以来の人為的な排出量と同程度だという。ただし,もとの大気中のCO2量が今の数十倍,陸地が超大陸パンゲア1つで,海岸線の長さや浅海の面積,炭素を固定するプランクトンの種類が今とは違っていたのが災いしたのだという。
 過去,大気の酸素濃度も大幅に変動していたし,現在CO2が0.04%でしかない(人為的な増加が半端ないのに植物や海が吸収)のも,人間がこさえた緩衝作用ではないことを知ると,神様を拝みたくなるのでした。