日記・コラム・つぶやき

2022.10.10

未来は過去からやってくる~思いがけず利他(中島岳志,ミシマ社)

91q93d2zq6l

Amazon何気なく注文して読んだのだが,とても面白く共感した一冊。著者中島さんは政治学者というが,心理学とか倫理学というかテレビや新聞などの評論でも人のこころの綾みたいなものに触れて,考えさせてくれる方だと思う。つい最近NHKのロングインタビューという番組でも,安部元総理暗殺の背景について,日本の今,世の中の分断について歴史をふまえて的確に伝えていたと思う。

利他的行動,と一口行っても難しい。情けは人のためらず,というのは自分のため。だとすれば,それは利己的ではないのか。という問いを続けていく。結論は,利他行動というより,よりよい生き方の問題になっていて,私たちは何かを得ようとして,それが得られるものではなく,思いがけず外からやってくる,いわば偶然によって導かれるように生きている,それが重要だという。私たちの存在自体がよく考えれば,偶然にすぎず,すでに多くの人(存在)からの恩恵(仏教でいう縁)で成り立っている。自分の選択といえども,過去に因縁があると考える。ことによって,世界を受け入れていく‥‥‥。うーんうまく言えない。ぜひ読んでみてください。過去のある時の選択や導きが今の自分を作っていると考えれば,自分も他に対して影響していて,自然に利他にかかわっているんだと,いう認識がもてて一つ気が楽になりました。

2021.09.28

AI支配でヒトは死ぬ。システムから外れ、自分の身体で考える 養老孟司著 ビジネス社刊

Unnamed

タイトルが過激で良いですね。早速注文して読みました。表現者クライテリオンという集団のメルマガがきっかけで対談が行われたそうです。聞き手の方がすごくラジカルなので,養老先生も歯に衣をきせず,言いたいことが言えている感じで読んでる方もスカッとします。バカだらけの政権やマスコミ報道,それに不満を感じない人々にうんざりしているので,何度も読み返してストレス解消してる感じです。

2021.09.23

格差の拡大

Syotoku_20210923072701

厚生労働省のページから

数年前にも,日本の世帯収入の平均と中央値の差について,ここに書いたことがあったが,ここ10年の変化を見るとますますはっきりしている。これを,政治家もマスコミも問題として取り上げないのはどうかしているし,こんな国に住んで安穏としている我々は,バカじゃないのか。とすら思う。武田砂鉄さんのラジオやTwitterで発言をよく聞くのだが,ニュースは何か起こったときのことだけしか伝えなくて,連綿と続く改善されない問題など扱わないことになっている(聞く方も,またその話題?もういい加減にしてくれ状態)のだそうだ。

 自分と比較しても,年収400万円で妻子がいる世帯というのは,かなり切り詰めた生活だと思う。よしんば,1人世帯だとして,このような人達で日本の世帯のほぼ半分に達しているというのは,どう考えるのだろう。しかも10年前から5,6%も増えているのだ。このコロナで,状況はさらに悪化しているはずで,来年再来年あたりのデータとか,きっと適当に改竄されるような気がする。全世帯の1/3が300万円未満というのも,もちろん農漁村のような半自給のような方達も含んでいるとは言え,ハッピーな気にはならない。このグラフの上の方にある(平均以上の載っていない世帯)が,39%なのだ。繰り返すが,このひどい傾向がますます進んでいるのだ。子供達に,なんら明るい将来を提示できない,こんな話はそれこそなかったことにするほうがいい,と私さえ思いたくなる。おそらく,だれもが,うすうすそう感じながら生きているのが今の日本だとはおもうのだが。

2021.09.03

最近と,ここ20年くらいのメディアの変化と温暖化など。

 コロナの感染拡大と東京五輪を中止しなかったことが影響しているのは自明で,そんなバカな判断をする(何もしていない)政治の挙げ句の果てが今,ガースーらが政局闘争に躍起になるさまにあらわれている。アフガンの現地スタッフ約500人を救出するために出かけた自衛隊輸送機で1人の日本人しか連れて帰れなかったのも,日本政府がアフガン情勢にまったく無関心だったから,というのもよく分かる。昨日のデジタル庁の発足とか,新1万円のニュースとかもバカすぎて,ニュースはどれもこれも腹の立つものばかりだ。マスコミのパラリンピックのメダル獲得の話題にごまかされてたまるものかと思う。

 書きたいこともないのだが,前からwebでよく読んでいる,小田嶋隆氏のコラム(ア・ピース・オブ・警句)で最近,小田島さんと高校時代の同級生で元電通CMプランナーという岡康道さん(昨年逝去)の対談(人生の諸問題)がネットで読めるのようになったのですが,それがすごく面白いです。自分の人生に重ね合わせ受け売りですが,思ったことを書いておきます。何年かたったときに反省材料になるかもしれない。

 近頃は,テレビよりもネット上の動画配信やニュース記事,本も本屋で買うのがめんどくさいときはキンドルでダウンロードしてしまう。それとFaceBookなどのSNSで「いいね」をもらおうとしている。仕事もいれると,一日の大半はパソコンに対面して過ごしている(今夏休み中なのでなおさら運動不足)。そのうえコロナでテレワーク,学校はオンライン授業ともなれば,世界はパソコンやスマホの中に埋め込まれてしまったと言えなくもない。

 振り返ると,パソコンとインターネットは90年代の後半(’97ぐらい)から,iPhone2007年に登場し(ちなみに,デジカメは2000年にはあったが,普及したのはやはり2007年頃からか)FBTwitterが普通になったのも2011年頃だし,テレビが地デジになったのも2012年だったか。なにもかも(スマホなしでいられないような生活は),ここ10年くらいにはじまったことにすぎない。

 こういった,活動(マンマシンインターフェイス)が肉体労働ではないほとんど情報のやりとり,これをメディア(古くは新聞ラジオテレビ)という,とすれば,急激なメディアの変化が我々にどんな影響を及ぼしているか専門的に解析したり善し悪しを提言することも大事だろう。回りくどい言い方をしたが,小田島さんのコラムはそういうメディアの変貌ぶりをいつも軽やかに解説している。

 この20年くらいで起こった変化というのは,彼によれば,紙媒体である新聞や雑誌の部数が減ってマスコミ業界が不況になり,新聞記者とかジャーナリストという職業は花形ではなくなった=記事の内容の劣化。素人が文章をブログで書いたり,ユーチューバ-とか情報発信が誰にでも可能になると同時に,クレームや炎上に対して敏感な社会=表現への制限,炎上がニュースになる,PB(パブリックビューイング)を増やすことが目的になるなど,特に匿名で気軽に上から目線で発言できる変な世の中になったとか,まあ,言われてみれば誰しも感じていることだけれど。

 SNSの誹謗中傷で,命を絶ってしまうような問題まで,言葉(文章)がそれほど短絡的な影響を与えることに驚かざるを得ない。思うに,これらのネット上の発言は,感情が主で,好悪や善悪を投げつけるような,論理的な帰結はないか,間違った論理の物言いが幅をきかす‥‥ヤフコメ(yahooのコメント)をみるとよく分かると思う。結果的に世の中の人のバカさがはっきり現われるようになったと思う(=無教養でも発信出来る時代,というべきか)。

 確かに,情報があらゆる場所で発信され即座に伝えられるので,新聞記者もネットで記事を書くとか(取材をしない記事),多いのがタレントなどのTwitter の発信が下手すると大半の記事だったりする。しかも,PBを稼ぐことが広告収入になるので,見出しで興味をそそるようにしているが中身はたいしたことないのが多い。そして,なにか間違いや失敗や不適切があるとたちどころに炎上し,関係者が謝罪し,たたかれていること自体がニュースになる。テレビのニュースもここ数年来,監視カメラがとらえた映像やドライブレコーダーの記録で作るニュースが目立つ。たしか,5年ぐらいまえに,アルバイトの若者がふざけた仕事ぶりをしている写真がSNSで拡散して問題になったが,以来そういうおバカをやらない風潮が広まった気がします。まとめると,ネットの普及によって相互監視的な世の中になり,人々は出来るだけ外見上おとなしく,モラルに敏感に反応しはじめた気がする。ただし,そのモラルと言うのは人に迷惑をかけないというより,他人の振る舞いに敏感で,自己責任を強く押しつけるような自己中心的なものだと私は思っています(うまく説明できない※2)。人間誰しも,時にはふざけてバカをやったり,おっちょこちょいで失敗したり,それを自慢話にしていたりもするのですが,ひょっとして現在の若い人達は昭和の我々に比べるとずいぶん窮屈な青春時代を過ごしているのだと思う。

 我が家でも,娘が,もう30すぎているのですが,パートナーの相手(大学の同級生)とうまくいっているんだか。本人の仕事(資格免許のある対人相手の仕事)はコロナ以来収入減にあっていて,彼氏のほうもなかなか安定した職場にめぐり会わないようで,お互いイライラ型得ないらしい。立派な大人だからむやみに手助けや心配のしようもないのですが,最近の若い人たちに多いパターンかもしれないと思っています。事実,我々のような高度成長期の右肩上がりだった時代には,サラリーマンになってしまいさえすれば,年功序列という(今考えると絶対におかしい制度)のもとで60すぎまで相応の給料がもらえ,退職しても年金でなんとか食べて行けるというおいしい世代であって,彼らにとって疎ましい存在に違いない。多くの大中企業は自分たちの世代だけ何とかなるように給与制度を変えず,俺たち昭和の営業は残業なんてあたりまえ,とか若い人にパワハラまがいの待遇でなんらイノベーションも起こさせず,ブラックと思うならやめてもいいよ,式の経営でしのいでいるのだと思います。小田島さんが言っていますが,昔あった「プロジェクトX」という番組は,今見ると全部ブラック労働の成功譚になっていると。憶測ですが,使っているCanonのピクサスという印刷機は1年半位で壊れるので,もう2台も買い換えましたが,印刷がはじまるまでに1分くらいガチャガチャきぃーきぃー音がするような,ソフトが組み込まれていて,これは,何年も設計変更なんかしないで,古い現役世代のもの作りが(老害という感じで)ずっと踏襲されているからだと思います。こういった,社会全体の傾向が政治にも反映していて,というかマスコミも含む大企業の役員とかが政権を忖度し,この「今のうちだけ体制」を維持しようとやっきになっているわけで,特権(ワクチンも入院も自分たちだけ)を受けられれば,コロナなんかそのうちどうにでもなるとしか考えていないわけです。

 それに加え,毎年といっていい水害,土砂災害や世界中で起こっている異常気象は,地球温暖化の進行が待ったなしで進んでいることを示しています。毎年のように大雨が増えれば,適応することも可能だろうが,まれな現象が次々に起これば,災害は起こり続ける。これも,一般の人は温暖化で熱中症の増加や農作物への影響を心配するようだが,実際には気候変化によって引き起こされる(海洋深層循環の停止による)かつての氷期のような地球の寒冷化のほうが生物である人類への打撃は大きいことを考えたほうが良い。1993年の米の凶作が続くようなことを想定するべきだ。過去の気候変動での地球の平均気温と,大気中の二酸化炭素濃度の関係から言えば,いまさら排出量を減らしたところで,元に戻すことなど不可能と見るのがホントのところだと思う。地震だって,あと30年の間には大きいのが来るに違いないので,お先真っ暗という話になるのですが,なが~い地球の歴史とか,人類がいままでやってきたことを俯瞰すれば(ガ-スーが「俯瞰的に」とか意味もない使い方をするから,言葉が汚れっちまったな)養老孟司先生いわく,人間(脳化社会)の存在自体が地球にとっての厄災そのものだと言えます。

 脳化というのは,要するに先に書いたようなIT,コンピューターによる人の脳の置き換えでもあるわけで,同様な人生の諸問題は,実は昔からあまり変わっていません。若い人が悩んだりつまずいたりするのは,私らだってあったし,格差が広がったとしても,勝ち組ばかりが幸せだとは,私は絶対に思えない。あんなアホな安部とか管の息子どももそろって超アホであろうことは想像に難くない。そのように理解して,若い人達には,希望をもって生きてほしいと切に願います。

2021.06.02

大澤真幸,木村草太=対談「むずかしい天皇制」晶文社刊

92e2e21997e850fc17f0f74b2c0d48ce

 古代の天文学や曆に興味をもって,昔の人がどの程度,観測技術や知識をもっていたか調べたくなった。古墳などの建造物をつくる土木技術や曆の編纂などは時の政治勢力(豪族や天皇家)の権威を示す象徴でもあったから伝承されたであろうが,文書などの資料には残っていない。したがって,考古的な遺跡や遺物から明らかにするしかないのであるが,その最も重要な遺物である古墳の多くが宮内庁によって歴代天皇陵に治定(神話上の天皇まであって絵空事と事実の区別があいまい)されているために発掘調査ができない,という近代国家にあるまじき科学軽視の実体がある。そして歴史に目をむけてみても,なぜ武士が天下を治めるようになってからも天皇が存続し,その名の下に先の戦争が起き,敗戦後までそんな制度が続けられているのか,という疑問がのしかかっていたところ,出版された本だったのでAmazonで予約して3日前に手に入れて読んでみた。

 社会学者の大澤さんはよくNHKの歴史ものや討論番組などで知っているし,憲法学者の木村さんもテレビやTwitterで辛口の論評をされている。基本的には,大澤さんの解説と論評が主で,法律学的によく分からない点を木村さんに質問して議論が深まっていくという対論が,現代の天皇制の問題,歴史的な経緯,明治憲法と戦後憲法での位置づけという流れで行われている。読み終えて結論を一言で言えば,天皇制は大問題であるが,何故あるのか,どうすれば良いのか結局よく分からない,というものである。もっというと,日本ないし日本人の特質というべき「空気」というものが,天皇制そのものである,という締めくくりになっている。全体の議論がそれに説得力を与えていて最後にむなしい気分にさせられるのだが,たぶん多くの人がそう感じるのではないだろうか。

 問題となるのは,憲法で定められた国民の基本的人権が,天皇および皇室には認められていない,ということである。多くの人は,天皇は別格だと思っているかもしれないが,それなら,天皇にはどういう役割があり(国民の象徴とはなにか),どうやって認められる(世襲のしかたは皇室典範という法律できめられる)などが憲法にはなにも書かれていない。天皇は,国事行為(総理大臣の指名や法律の承認など)だけを行うというが,私的に慰霊やお見舞いの巡幸を行っていることなど,曖昧なままである。細かいことになるが,戦争と軍隊を放棄するいわゆる9条の草案をみて,昭和天皇はこれでは共産勢力に侵略されると心配して,アメリカに沖縄に基地を残すように直接働きかけた,ということが明らかになっているそうだ。このような政治介入をできなくする(平成天皇の退位も一種の異議申し立てであった)ように作られているわけだが,人権の問題も,これからの継嗣の難しさなど多くの問題が残されているのである。

 天皇が,空気を作っているというのは,政治家や軍人がけっこうダメでも,最後は天皇が戦争を終らせたり(814日の御前会議),慰霊の旅や被災地の訪問によって国民の気持ちが癒やされるといったことだが,考えようによっては最近のトランプによる深刻なアメリカの分断のようなものが我が国では,天皇制によって起こらないようになっているという。まことに,消極的な意味として作用しているのが天皇制だという。それではあまりにと,存在意義をあらためて問うと,歴史的に何時なくなっても良かった程度としか考えられないのに,万世一系などと信じがたいものが存続し続けているのは,ひとつには島国で,敵からの侵略にさらされない日本の本気度の薄さに加え,政権を担当するものたちが時々の既得権益で延命することだけを考え,いざとなったら天皇を担いで,錦の御旗を立てて責任を天皇に押しつけてきただけだったという,残念なことながら,これがまさに日本の空気であるとしか言えない気がしてくるのだ。

 私にとっての,天皇家とは何かという答えは見つかりませんでしたが,普段ほとんど考えたことがない法的な問題として天皇制に向き合う良い機会になりましたし,木村草太さん国際的な法学からでも民主主義の考え方が色々あるとか,大澤さんの「第三の審級」といった概念について理解を得られたりするので,一読の価値は大いにあり,お勧めします。

2021.02.09

個と普遍

毎週楽しみにしていた。「グッドファイト2」も終わってしまった。養老先生のねこ「まる」も亡くなってしまった。家の「マルチ」のことを思い出す。ダイアン(ロックハート)(グッドファイトの登場人物)でさえ,「私のまわりの,ほんの世界の片隅だけも正常でいられるようにしたい。」と言っているように,森元首相の女性蔑視発言問題にみるまでもなく,世の中まともではなくなっている。先週,バイクで転倒して肋骨骨折するという厄災にあった。はじめて救急車で搬送された病院の対応でコロナを実感したし,壊れたバイクのことに対応したもらった警察官の態度のひどさにも,なにかが狂ってきたと思わざるを得なかった。道徳ではなく,高校で教わる「倫理社会」の内容を理解できない(自分のものにできない)ような教養のない人たち,「個と普遍」とか意味が分からないような人たちが,国のトップだったり,会社組織などを取り仕切っているのだと思う。ソクラテスから福沢諭吉(渋沢栄一でも)までちゃんと勉強してくれ,というか今後,子供たちにもそれを徹底していかないと,ディストピアは免れられませんね。

2020.12.16

海外ドラマ「グッドファイト」

201901ne1eqc32qb_20201216064501


 

配役の半分以上が女性,半分は有色人種,タイトルでプーチンやトランプの映っているテレビ画面が爆発する。オバマ支持の弁護士事務所の面々が丁々発止の法廷での活躍が見物もの。今のNHKには目の上のたんこぶなのか,番宣はあまりしていない感じがするが,20年前のリベラルというか,昔の朝日新聞をよんでいるような感じのスタンスが生きていることを確認できるし,テンポが良いし,見た目か弱かったり(マリア)おばさんなのにカッコイイ(ダイアン)目が大きかったり(ルッカ)見た目ではない有能さ(マリッサ)などが活躍するのが楽しい。隠れファンが多いと思うけど,どうなんだろう。少年虎次郎特別編も良かったけれど,こういった楽しみなドラマがいくつかあれば,ほんとにつまらないテレビの有用性もまだ失われることはないと思う。

2020.10.11

養老孟司対談集「AIの壁~人間の知性を問い直す」PHP新書

将棋の羽生さんや「東ロボ君」の新井さんと,AIについて養老さんが語った内容なので,見ておきたかった。人工知能がどこまで人間に近づくかは,そもそも人間の脳のしくみが解明されていないのだから,あくまでAIは「道具」として使うに限るというのが養老さんの見解で,研究者や起業家はそれでも人間に成り代わるものを想定している,という感じだ。たとえば,AIが危ない答えを出しそうだったら,電源を引っこ抜けば良い,と養老さんは言うが,開発者はAIが自分で電源を入れたり切ったりの判断もさせるつもりでいる感じ。そんなものに,自分の人生を任せてしまうような人たちが大多数になる世の中が,幸福だとは決して思えない。とっくの昔から養老さんの言っている「脳化社会」は,まさにそれである。特に,最後の新井さんとの対談で,インターネット上のSNSは,自己愛や承認欲求を解き放ってしまったので,ポピュリズムが跋扈し取り返しがつかなくなりそうだ,というのが今まさにその瀬戸際だと思った。管政権の日本学術会議任委員解任問題への見解が政府機関だからとか税金投入しているからとかに大衆を騙そうとしているのがまさにそれで,新井さんは,こう言ったインチキ論理が横行し始めたのは小泉首相が「自衛隊は戦闘地域には派遣しない。なので,自衛隊が駐屯する地域で戦闘があっても,それは非戦闘だ。」と大っぴらに主張して以来だと言っている。この文言が論理学的に破綻しているのは自明だが,大衆には分からないと踏んでいるのだという。もうなにをか言わんやであるが,最近小田嶋隆さんが日経BPで管総理を「ダサい」として圧倒的にダサいと表現することで逆に大衆の心理をつかもうとしている。正解だと思う。

人工知能に対する,人間の知能を「自然知能」といい,さらに世界(自然界)には「天然知能」があるという(郡司ぺギオ幸夫氏の本=注文した)ことも知った。人間はもっと天然知能に近づくべきだろうと思います。

2020.08.19

眼下の敵(太陽の子)

戦争映画の名作中の名作といって良い映画。ドイツのUボートとアメリカの駆逐艦の対決を描くロバート・ミッチャムとクルト・ユルゲンス主演の映画と言えば,知っている人も多いはず。私の父母は劇場公開で見ているらしかった。テレビ放映で何度か見ていて,何十年かぶりにBSシネマで録画していた(録画したことを忘れていたりする)のを見た。いろんなシーンをよく覚えているものだと思った。8月15日前後は何かと戦争を振り返るような番組が多いが,なんだかもうこのコロナ禍による世相が戦時中に似ていると言われて,愚な日本軍(現政権)の思惑どおりの状況を改めて確認するだけのようで,あほらしくて見ていられない。それに引き替え1957年制作(私の生れた年だ)のこの映画のすがすがしさに感動したのだ。総天然色の色合いといい,爆雷というもののすさまじさやUボートの完成度の高さだけでなく,前半に語られる両艦長の生い立ちや人生観,オレたちは仕事を適切にやる気はあるけど,こんなくだらない戦争なんかくそ食らえだ。というコンセプトが,当時のアメリカの勢いというもので,その後の日本もそうして成長し,いまや中国や台湾がそんな時期になっているのかなーと思いました。亡くなった三浦春馬さんの出ているドラマ「太陽の子」も録画してあるのだけれど,その反省が生かされずにいる時代になっている気がして,見られずにいるのでした。

2020.07.26

身体はよく知っている。小堀鴎一郎,養老孟司対談「死を受け入れること」祥伝社

また,養老先生の対談本を読んだ。小堀先生は養老さんと同い年で,40年間外科医として多くの手術を手がけ,現在は終末医療に携わる方。死をよく知る2人の意見は,大体同じで,ひとりひとり人生があってその最後もすべてひとくくりにしたりするべきではない,という話だ。昨日だかALSの人に依頼されたかで,尊厳死させたと医者が殺人容疑で逮捕されたりしているが,そういった問題にも関わる(安楽死を肯定などしていないが,本人と家族の意思は尊重されるべきだという)話をされている。

 面白かったところを書くと,ひとつ前の山極さんでも出てきた,例の手話ができてネコを飼っていたゴリラは,死についても理解していて,「死とは苦痛のない世界だ」と話していたと言われているそうである。動物にも意識はあるし,自分の死期をを悟ったり,森の中の木なども互いにコミュニケーションがあるに違いないとか。ゾウムシでさえ死ぬことを知っていると書いてある。もちろんそれらを人の脳のように客観化している訳ではないが,我々も同じようなしくみで生きているはずで,養老さん曰く本当に死にそうになったら,身体からサインが出るのでそのときに医者にかかればよい,という話だ。検査や投薬の効果など,統計的なもので,ひとりひとりケースバイケースであるはずで,むやみに癌を心配したり,延命治療のガイドラインとか,余命告知とかいう脳化社会が人を幸福にしない,といういつも通りの結論ですが,養老さんが臨床医になっていたら何人殺したか分からない,というのに対して,実際に助けた人もあれば,死んでしまったケースも多い外科医の小堀さんのお話も重いもので,いろいろと参考になる本でした。

より以前の記事一覧

October 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

他のアカウント